MENU

リパス注入でちんこをでかくする(ペニス増大)

仲間と温泉旅行に行った際、ペニスサイズが小さくて恥ずかしかったと言う思いをした男性は多いと思います。あまり小さいと自分に自身を持てないことがあります。そんなお悩みを解決する一つの方法としてペニス増大手術があります。

 

手術と言うとメスを入れたり抜糸するイメージが強いですが、ペニス増大目的の場合は素材をペニスに注入すると言う方法があります。注射するだけでメスを入れたり抜糸することは無いです。手術では怖い男性でも大丈夫です。

 

注入する素材としてはヒアルロン酸や脂肪、リパスなどがあります。このうちヒアルロン酸を素材として使用する場合はアレルギーの心配が無いのが良い点です。

 

しかし体内に少しずつ吸収されていきます。6か月から1年ほどと持続期間があるのが難点です。脂肪を素材として使用する場合はご自身の脂肪なのでヒアルロン酸同様にアレルギーの心配が無いです。

 

しかし脂肪を採取するために脂肪吸引が必要となります。脂肪吸引では手術となりますので身体に負担がかかるのが難点です。リパスはPMMAやデキストランと言う成分で作られた素材です。

 

デキストランは多糖類の一種で体内に吸収されるまで2年ほどとヒアルロン酸より長いです。PMMAは透明性に優れている合成樹脂なので体内に吸収されることは無いです。

 

PMMAはさらにコラーゲンの生成をサポートする働きがあり、ほぼ半永久的にペニス増大を維持できるのが魅力です。ヒアルロン酸のように持続期間が過ぎた後に再注入を受けにご来院する手間も無いです。

 

合成樹脂をペニスに注入すると言うと大丈夫かなと不安に感じる方は多いでしょうが、身体には害がありませんので安心です。クリニックによっては部分麻酔とマスク麻酔から必要に合わせて選ぶことが可能です。

 

部分麻酔では注入中に意識がありますが痛みは殆ど感じないです。人によっては鈍痛を感じることがありますが、マスク麻酔なら意識が無い状態で注入されますので鈍痛も感じないです。注射だけなので施術時間は15分ほどと短く、手術のような跡が残る心配も殆ど無いです。

 

注入後から2週間ほどで入浴が可能、4週間ほどで行為が可能になります。通院や入院は基本的には不要なので仕事がある方でも大丈夫です。その代わり、包茎のままリパスを注入すると形が悪くなる可能性があります。

 

そのため包茎手術を受けてからリパスを注入すると言った形が取られることがあります。この場合は手術となりますので、痛くない包茎治療ができて仕上がりが自然になる男性専門クリニック選びが大切です。

 

ちんこをでかくするための増大サプリをお探しではありませんか?

関連ページ

ちんこをでかくするための原理原則は血流改善です
ペニスサイズと精力の切っても切れない関係
ちんこでかくする時に気をつけるべきの3つの注意点
ペニスの長さを測ってみたけど、最大値が9cm〜10cmしかない・・・あと3センチくらい大きくなれば、男性の平均値を超えてくる。もう少し頑張ってペニスを大きくしたいな、と思っている方も多いことでしょう。ペニスを大きくしようと思った時に、方法を間違えてはいけません。ペニス自体は、とても繊細な男性の器官ですから、健康を害しないような方法で、ペニスの増大を図っていきましょう。
ちんこでかくするのに効果があるトレーニング法とは
ペニス増大に効果のトレーニング法と言われるものはいくつかありますが、それぞれに共通している点は「ペニスに多くの圧力をかける」という事です。ご存知の方も多いと思いますが、ペニスは「海綿体」という組織によって形成されています。