MENU

ちんこでかくするのに効果があるトレーニング法とは

ペニス増大に効果のトレーニング法と言われるものはいくつかありますが、それぞれに共通している点は「ペニスに多くの圧力をかける」という事です。ご存知の方も多いと思いますが、ペニスは「海綿体」という組織によって形成されています。

 

海綿体は血流によって膨張する組織である為、より多くの血液が循環すれば大きく、硬くなります。つまり、トレーニングによって一時的にでも血流を集中させることによって、恒常的にその状態を保つことが出来るようにすることが出来ればちんこのサイズは増大するという事です。

均冷法

ペニスを冷やす、温めるという事を繰り返すトレーニング法です。血管は冷やされて縮小するとその反動で多くの血流を流そうと働きます。

 

これによって血流が促進され、多くの血液がペニスに流れるようになるため血管運動神経を活性化させることが出来ます。血流が増えれば膨張率も高まる為、ペニス増大効果を得られます。

手で強制的に圧力をかける方法

自分の手を使ってペニスに負荷をかけてトレーニングする方法です。この方法は、勃起時だけでなく通常時でも行うことが出来ます。

 

例えば、勃起時にペニスを強く握ると、徐々に膨張していくことは周知の事でしょうが、これをトレーニングとして意識的に繰り返すことでペニス増大効果を得ることが出来ます。

 

具体的には、ペニスの根元から先端に血流を送るようにマッサージすることにより、亀頭周辺に多くの血液を送り込みます。手でペニスを強く握っている間は血液が外に逃げづらくなっているため、本来のサイズよりも大きく膨張させることが出来ます。

 

このトレーニングによってペニスの細胞が鍛えられ、徐々にそのサイズまで膨張することが普通の状態になっていきます。

亀頭をマッサージする方法

ペニス増大を目指すうえで重要な点が「亀頭」です。亀頭を鍛えることによって、ちんこでかくするだけでなく射精までの時間延長の効果も期待できます。

 

通常時、勃起時を問わず亀頭を上下左右に引っ張り、細胞にダメージを与えることによって修復時にはより大きく強い細胞にすることを目指すトレーニングです。

 

引っ張る(負荷を与える)、休ませることを繰り返していくことになりますが、インターバルを少なくし過ぎると痛みなどが出る可能性もあるので注意が必要です。

まとめ

このような方法によってペニスを鍛えることが出来、増大効果を得ることが出来ます。しかし、単にトレーニングをしたから良いという事ではなく、「より効果を発揮できる環境」を作ることも大切です。

 

日頃の食生活を完全したり、喫煙などによる血流の阻害をなくすという事も大切ですが、より効率よくトレーニング効果を得るためには「サプリメント」がおすすめです。

 

ペニス増大に効果があるとされる「L-シトルリン」を多く含むサプリメントを服用しつつトレーニングを行えば、高いトレーニング効果を得やすくなるためペニス増大の可能性も高まります。サプリメントは、食事から摂取することが簡単ではない成分も多く含んでいるため非常に便利なものです。

 

ちんこをでかくするための増大サプリをお探しではありませんか?

関連ページ

ちんこをでかくするための原理原則は血流改善です
ペニスサイズと精力の切っても切れない関係
リパス注入でちんこをでかくする(ペニス増大)
ちんこでかくする時に気をつけるべきの3つの注意点
ペニスの長さを測ってみたけど、最大値が9cm〜10cmしかない・・・あと3センチくらい大きくなれば、男性の平均値を超えてくる。もう少し頑張ってペニスを大きくしたいな、と思っている方も多いことでしょう。ペニスを大きくしようと思った時に、方法を間違えてはいけません。ペニス自体は、とても繊細な男性の器官ですから、健康を害しないような方法で、ペニスの増大を図っていきましょう。